« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

小ナスのたたき

今日は、小ナスが手に入ったので、小ナスの料理を作るぞ!!

せっかくだから、高知の野菜を使った「小ナスのたたき」にする。

2006_06270008へたを除け、半分に割って、離れないように3ヶ所ぐらいに切れ目を入れる。 

 

 

2006_06270009

そして、揚げる。

最初は、皮側からね。

 

 
2006_06270010

高知のミョウガ、高知のオオバ、高知の小ねぎ、高知の?カイワレ大根を小ナスの上にふりかけ、冷蔵庫へ。

 

 

ポン酢をかけて出来上がり。

2006_06270011 って、おい薬味で見えんやないか~

2006_06270012

 

こんな感じ。

簡単で、美味しいのだ。

 

普通なすと比べて、一口で食べれる。

おしゃれだよ~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月26日 (月)

半熟煮卵作りに挑戦!その後

冷蔵庫に入れて2日後に食べてみることに。。。。。

中を割ってみると、こんな感じ~

 

2006_06260004意外といい感じ。

半熟具合もいい。

まあ、湯で時間は卵がMサイズなら6分でいいかも。

 

味は?

 

ん~

 

美味しい~?   まずくはないんだけど、ちょっと辛い。

今度は、中華スープと醤油でやってみようっと。。。

まずくはないんだよ!

本当に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

梅漬けに挑戦!! 赤しそ入れ

  塩漬け1週間後、赤シソがスーパーに出回りだした。

Hi350026_52束購入。

2kgの梅には、3束とを本に書かれていた。

でも、2束で十分染まるし、このくらいの量でいいと思う。 

 Hi350027_8

一度、今漬かっている梅をザルにあげてみる。硬さが、バラバラやけどまあなんとかなるかなあ。

梅酢を少し、別にとっておく。新ショウガやミョウガを漬けるといいはずじゃ。 

Hi350028_7

塩でもんで、しぼって。塩でもんで、しぼって。

2回繰り返す。

別に除けた梅酢、以外をすべてシソに浸す。
 

Hi350029_3シソをサンドイッチ状態にしながら壺に戻す。

やっぱり、シソは少なめやけど、まあ、えいがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

ベランダでビオトープ作り

何を思いついたのか、ブウちゃんメダカを飼ってみようかと言い出す。

せっかくだから水連鉢で、ビオトープを作ってみよう!だって。。。

さっそく、高校時代の同級が経営している園芸店で材料を仕入れてくる。

水連鉢と熱帯スイレン、ホテイアオイを購入。

その同級もメダカを飼ってた。浮き草、水草ついでにもらっちゃた。もしかして、メダカの卵がついてるかも。。。

Hi350027_3 ブウちゃんベランダで作業。

 

 

 

Hi350028_3Hi350030_2
メダカを入れるのはまた今度。

このあと、どんなになるかな。

楽しみじゃ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

「夏の生酒」を楽しむ第62回酒仙の会

この季節は「酒仙の会」恒例の夏の生酒を楽しむ会となった。

会場は、蕎麦屋の「湖月」。

今日は、梅雨の合間(と言ってもほとんど雨降らんがやけんど。。。)の晴れ。自転車で行ったこともあり、気分は酒よりビールという感じだった。

生酒って、冷たく冷えてる時とだんだんぬる~くなってきた時と、味が大きく変わってくるんだよね。

「美味しい~!」と思っても次ぎに飲んだ時、「あれこんな味だったっけ?」ってな具合。。。

今回のラインナップの一部

Dscf0025亀泉(高知:土佐市)
「貴賓」純米大吟醸 生酒  1800ml \5,400
アルコール度:16%
日本酒度:+5
酸度:1.5
アミノ酸度:1.0      

Dscf0029

千代の亀(愛媛)
槽口あらしぼり純米大吟醸 無濾過生酒 1800ml \5,250
アルコール度:17%
日本酒度:+5
酸度:
アミノ酸度:

Dscf0026大雪渓(長野)
特別純米  生酒  1800ml \52,520
アルコール度:15%
日本酒度:+2
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4   

Dscf0027日置桜(鳥取)
天日干し強力 純米生酒 1800ml \2,780
アルコール度:15%
日本酒度:+7
酸度:1.9
アミノ酸度:1.5

Dscf0028まなつる(宮城)
山廃仕込 純米生酒  1800ml \2,480
アルコール度:15%
日本酒度:+4
酸度:1.8
アミノ酸度:1.5 

真澄(長野)
吟醸  生酒  720ml \1,250
アルコール度:15%
日本酒度:+2前後
酸度:1前後
アミノ酸度:1前後 

まあ、酒の評価をするほど、酒の味がわかるhiroではないので、うんちくは書かんけど、

今回の酒では、もちろん値段の高い「亀泉」はもちろん美味しかったけど、「真澄」の吟醸生が飲みやすくてよかったなあ。(写真撮り忘れ~)

Dscf0023Dscf0035Dscf0033 

 

 

 

 

今回も美味しかった 

来月の会場はどこだろう楽しみだ。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

梅漬けに挑戦!!

梅酒を漬けて2週間が過ぎ、そろそろ塩漬け向けに梅も熟れてきた。

昨年に続き今年も漬けてみることに。

Hi350026_1 梅酒同様、黒星病まみれの梅だけど、なるだけきれいな梅をよって漬けることに。

ちょっと漬けるには、もう少し置きたいところだが、明日は時間がないので腐らすよりはいいからこのまま漬ける。

梅は2,3kg。塩は410gで約18%塩で漬けます。

 

 

Hi350030_1Hi350031   

あと、6月末に赤シソを入れて、7月に土用干しをする。

どーぞうまくいきますように。。。

あんまり梅は食べないんだけど、自分で作ると食べちゃうんだよね。

 

 

でも、ほとんど「焼酎お湯割り梅入り」の梅になってしまうんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅酒作りに挑戦 その後1

NHK今日の料理(6月号)で梅酒にスモモをいれとも美味しいと書いたのでスモモを探していた。田舎に2本、品種の分からない(美味しくない)樹があるんだけど、今年は全然実がとまっていないんだな。。。

Hi350027_2そこで、JA高知市の直販店「らぶ」に寄ったら大石早生があったので、さっそく梅酒のビンの中にドボン。。

ちょっともったいないけど、美味しくなるのかな?

 

Hi350028_2 

梅酒も今日で15日目。早くもちょっと色がでてきた。楽しみじゃ~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

梅酒作りに挑戦!

田舎の梅が収穫期に入った。

毎年、2升程度梅酒を作る。去年から蜂蜜入りの梅酒など、おいしい梅酒に取り組んでいるんだが、いまひとつ納得できるものができない。

Photo_52 1.4kgの梅に、氷砂糖1kg、蜂蜜350g、ホワイトリカーを3.5リットル入れた。

なんか、分量が中途半端だけど気にしない。

後、スモモの収穫時期になれば数個入れてみようと思う。

Photo_55こんな、感じ~

ちゃんと、世話している梅の木ではないんで、黒星病の黒いぶつぶつがいっぱい。

本には、病気のないきれいな梅を。。。と書いているが、しょうがないじゃない~

まあ、6ヶ月後くらいに飲めるかな。楽しみ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キウイ着果!

先週田舎に帰ったときは、開花中だったキウイ。

今回は実のとまりを確認しました。雨の影響でやや少なめなんだけどまあいっか。

Photo_51 まだ、1cmぐらい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »