« 梅漬けに挑戦!! | トップページ | ベランダでビオトープ作り »

2006年6月22日 (木)

「夏の生酒」を楽しむ第62回酒仙の会

この季節は「酒仙の会」恒例の夏の生酒を楽しむ会となった。

会場は、蕎麦屋の「湖月」。

今日は、梅雨の合間(と言ってもほとんど雨降らんがやけんど。。。)の晴れ。自転車で行ったこともあり、気分は酒よりビールという感じだった。

生酒って、冷たく冷えてる時とだんだんぬる~くなってきた時と、味が大きく変わってくるんだよね。

「美味しい~!」と思っても次ぎに飲んだ時、「あれこんな味だったっけ?」ってな具合。。。

今回のラインナップの一部

Dscf0025亀泉(高知:土佐市)
「貴賓」純米大吟醸 生酒  1800ml \5,400
アルコール度:16%
日本酒度:+5
酸度:1.5
アミノ酸度:1.0      

Dscf0029

千代の亀(愛媛)
槽口あらしぼり純米大吟醸 無濾過生酒 1800ml \5,250
アルコール度:17%
日本酒度:+5
酸度:
アミノ酸度:

Dscf0026大雪渓(長野)
特別純米  生酒  1800ml \52,520
アルコール度:15%
日本酒度:+2
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4   

Dscf0027日置桜(鳥取)
天日干し強力 純米生酒 1800ml \2,780
アルコール度:15%
日本酒度:+7
酸度:1.9
アミノ酸度:1.5

Dscf0028まなつる(宮城)
山廃仕込 純米生酒  1800ml \2,480
アルコール度:15%
日本酒度:+4
酸度:1.8
アミノ酸度:1.5 

真澄(長野)
吟醸  生酒  720ml \1,250
アルコール度:15%
日本酒度:+2前後
酸度:1前後
アミノ酸度:1前後 

まあ、酒の評価をするほど、酒の味がわかるhiroではないので、うんちくは書かんけど、

今回の酒では、もちろん値段の高い「亀泉」はもちろん美味しかったけど、「真澄」の吟醸生が飲みやすくてよかったなあ。(写真撮り忘れ~)

Dscf0023Dscf0035Dscf0033 

 

 

 

 

今回も美味しかった 

来月の会場はどこだろう楽しみだ。

   

|

« 梅漬けに挑戦!! | トップページ | ベランダでビオトープ作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80779/2333990

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏の生酒」を楽しむ第62回酒仙の会:

« 梅漬けに挑戦!! | トップページ | ベランダでビオトープ作り »