« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

年末スキー 志賀高原 2日目

年末スキー 志賀高原 2日目

年末スキー 志賀高原 2日目

すげー雪。
昨日の夕方からかなり積もったみたい。まだ、朝も降り続いちゅう。
大変だこりゃ。
でも、新雪が楽しめる。
最高じゃ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

年末スキーin志賀高原 横手へ

年末スキーin志賀高原 横手へ

横手方面へのクワッドリフトが動きだした。
横手の下のリフト乗り場横に美味しい餃子を出す店があるんじゃ。
ううう。餃子がないよー。
ラーメンでがまん。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末スキーin志賀高原1

年末スキーin志賀高原1

くもり
心配された積雪だが、熊の湯はなんとか雪ある。
でも、横手山へのクワッドは止まってる。天気予報は雪じゃなかったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

年末スキーだ!

20時発

長野志賀高原までバスで約10時間の旅。

すでに、バスの中は宴会状態。

ううう、トイレ〜行きてー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月26日 (火)

もう2006年も終わりだ~

早いもので、来週は2007年。

この年末は、10年以上参加を続けてるスキーツアーに行くんじゃ。

行き先は、長野の志賀高原。

どこのスキー場も、雪不足が言われてて心配だけど、まあ、28日ごろから寒波が来るらしいんで大丈夫やろ。

いつも、「リバーサイド熊の湯」に泊まるんだけど、そこの露天風呂が最高!!!

ホテルでは、野天と紹介されているくらいで、ホテルの外にあるんじゃ。

去年は、大雪で野天風呂に入れんかったき、今年は今から楽しみにしちゅうがね。

野天で雪に埋めたビールを飲むこれ最高ね。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

忘年会の2次会はファンキーベイビーで

あ~。2006年ももうあとわずか。。

早いものだ。

22日は、事務所の忘年会。

2006_122200402次会は歌って騒げるファンキーベイビーへ。

飲み放題、歌い放題2時間3,000円。 

 

 

風邪をひいちゅうのに、おもいっきりはじけたちや~

2006_122200092006_122200112006_122200192006_122200252006_122200352006_12220033    

2006_122200072006_12220037

 

 

 

みんな、お疲れ。

フィニッシュは、グリーンロードの屋台へ。

ラーメン、ラーメン、

飲んだ後は、ホント美味いね。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

世界遺産登録間近! 石見銀山と温泉津温泉の旅

12月9~10日に職場の旅行で、山陰の方面に行ってきた。

旅のテーマは、世界遺産登録予定の石見銀山や温泉津温泉の鄙びた町並みを楽しむ。

ルートは、南国から高速に乗り、瀬戸大橋を渡り米子へ。

米子から自動車道や一般道を通り、島根県の温泉津温泉で泊まる。

浜田から高速に乗り、浜田、広島、山陽自動車道、瀬戸大橋と約900kmの行程である。

麺好きhiroとしては、1日目の昼食を出雲そばとした。

出雲駅近くの、るるぶにも載ってる「献上そば羽根屋」

2006_121000012006_12100002 出雲そばといば、割子そばといって、そばの入っている入れ物に、薬味をのせ、直接つゆをかけていただくようだ。

左が3色割子(800円)、右は5色割子の(1200円) 

美味しかったけど、そば湯が最初から出ててぬるかった。

やっぱ、そば湯は熱くないとね。

 

ソバでお腹が満たされた後は、せっかく出雲に来たんだからということで、出雲大社へ。

注連縄(大っきい縄)の先端を下から覗くと小銭がいっぱいささってる。

下からコインを投げて差してるようだ。なかなか難しい。

ジャンプして差してやる!!!

ささった! 。。。けど隣のささってたお金が落ちた~ うわ~ どうしょう~ 
え~い、もう一回。ささった!! 。。。ギャー今度はもっといっぱいお金が落ちてきた~ きりがね~ ppっぱppぱにkkkkkっく!? 賽銭箱へいれとこ。

出雲大社を速攻でお参りした後は、せっかくだからということで、島根ワイナリーへ。

試飲をしワインを買って、いよいよ石見銀山方面へ。

2006_12100005 ちょっと、寄り道が多かったため時間が。。。。閉館?時間ぎりぎりの16時に何とか間に合い。龍源寺間歩の坑道を散策できた。

いい加減、暗くなってきた。

早く、今日の最終目的地の温泉津温泉へGO! 

 

しかし、車のナビに従ったのが悪かった。

いや、ナビの性能を見極めてなかったと言うべきか。。。

ナビの設定を「一般道路優先」のままにしてたのがいけなかった。

すごい道を走らされた~。なんか、中途半端にナビを使うとよくない!ってことがよく分かった一日だった。

そんなこと忘れて、温泉温泉。

   

2006_12100010_12006_121000092006_12100008_2 

ん~。鄙びた温泉と言うか。街並みも渋すぎる~。道は狭い。

有名な薬師湯へ。

まあ、泉質はGooDだったけど。

宿は、「のがわや旅館」。いっしょに行った、みんなも満足な料理だった。まあ、そりゃ1泊2食14,000円という上から2番目の値段と言うこともあったけど。。。

蟹はないけど、会席料理で鯛の奉書焼を堪能した。

2006_121000182006_12100019   

 

  

 
2006_12100016 のがわや旅館の若女将と。。。。

 

 

 

翌日は、浜田のお魚センターによって帰った。

2006_121000212006_12100022  同じ山陰でも、鳥取の境港や三朝とは違った風情のあるいいとこだった。

また行きたいな。

 

 

でも、ガソリンの高騰といっても、フルサービス1リットル147円はないだろ~!

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年12月 5日 (火)

第66回酒仙の会 in 花鶴

12月4日、忘年会を兼ねての今年最後の「酒仙の会」に参加してきた。

はや師走かよ~って感じ。

この「酒仙の会」に参加するようになって、いろんな酒を楽しむことができた。

2006_12040005ほとんど、味を覚えてないけど。。。

今回の忘年会のメインは、なんといってもふぐでした。(酒じゃないんかい!)   

 

 

2006_12040001酒は純米酒を中心に、「亀泉」「司牡丹」「男山」「一の蔵」「樋ノ口」「酒天童子」「秋鹿」など10種類ほどのお酒を楽しんだ。

ふぐに力を入れたせいか、1升2,000円台のお酒で、大吟醸が1本もなかったのは、少し残念。 

 

2006_120400062006_12040007 どれも美味かったんですが、樽の香りがなんともいえなかった司牡丹の「樽酒」と最も純米酒らしかった「秋鹿」が良かった。 

 

 

2006_12040008燗酒まで登場。(この道具1万ちょっとするらしい) 

純米酒をぬる燗でいただく。
これが美味いんじゃ!

この道具買おうかな~    

 

会場は、かなり盛り上がってきた。

 2006_12040009
2006_12040011

 

  

 

 

2006_120400132006_12040014 また、しめの雑炊とうどん

これも最高です!

薄味にしてるけど、ふぐのダシがきいていて、 ほんとに美味しかった。 

 

今回も、美味しい酒と料理をありがとう。

そして、酒仙の会会長の藤崎さん、事務局の古谷さんありがとう。ご苦労様です。

来年は、新年早々恒例の蔵元見学in「梅錦」のようだ。これもいかんといかん。

ん~。肝臓が。。。。

 

 

とかいいながら、酔い覚ましのカラオケに行くブウちゃんとヒロでした。。。。。

2006_12040015

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »