« 厄年について その後 | トップページ | ありが鯛 »

2009年2月 2日 (月)

酒仙の会プレゼンツ柳家さん喬さん落語

この季節の酒仙の会は、柳家さん喬さんの落語が恒例になってきた。

この日は、酒を楽しむというより、当然、落語もという人たちが集まってくる。

Ca3b0049Ca3b0051 口コミだろうが会場の花鶴の2階は満席に。。。

 

  

1時間20分ぐらい古典落語を堪能。

一つは、「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ところで今なんどきだい」の時そば。

これは、有名で、まあジャブみたいな感じで拝聴。

二つ目が、「ねずみ穴」。

笑うというより聞き入るという感じで、人情身の噺でした。  

「夢は五臓(土蔵)の疲れだ」。

が落ちだったが。。。

なさけないかな、落ちがわからず、ブウちゃんに「ねえ、なになに」って聞いてしまった。

やっぱり、hiroは落語より酒か。。

Ca3b0048Ca3b0052 落語を楽しんだ後は、当然、宴会に。 

今回の酒は、高知の純米酒メイン。

 

 

文佳人、司、山田太鼓、亀泉、酔鯨、瀧嵐・・

酒だけでなく、酒蔵の関係者の方も参加していただき、盛り上がっていった。

 

 

 

|

« 厄年について その後 | トップページ | ありが鯛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80779/27784754

この記事へのトラックバック一覧です: 酒仙の会プレゼンツ柳家さん喬さん落語:

« 厄年について その後 | トップページ | ありが鯛 »