« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月23日 (土)

つくねパピークラス体験

つくねのビビリを少しでも直そうと動物病院がやっているパピークラスに初めてつくねを連れて行った。

生後2~6ヶ月頃は、「社会化期」といって、この時期に色々な経験をさせ、例えば、他の仔犬と遊ばせることやいろんな音を聞かせるなどさせることが非常に重要なようです。

特に、ビビリのつくねはこの社会化が心配。

というのも、世間を知らずに大きくなると、家族以外の人に噛んだりといった問題行動が心配なんです。

 

でも、ビビリのつくねさんは、動物病院に行くまで行くまでが大変。やっぱり、いつものように、う○こをひりまくりながら病院へ。

Ca370269この日のパピークラスには、つくね以外に3匹の仔犬が参加。

 

 

Ca370273Ca370275おもちゃで遊んだり、呼んで来る練習をしたり。。。でも、つくねはブウちゃんに抱っこされたまま見てるだけ~

とても、放すことはできませんでした。

 

Ca370272_3今度のパピークラスはせめて床におろしたい。。。

つくね頑張ろうね。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

酒仙の会 新春蔵元訪問

酒仙の会の新春蔵元訪問に行って来た。

昨年は、よういかんかったんで2年ぶりの参加だった。

今年は、「司牡丹」と「高知酒造」。

2010_011600092010_01160013司牡丹は白壁の蔵と、その蔵の周辺の歴史を感じる町並みがとても素敵。

 

 

 

2010_01160010 約90m白壁の中は、 大きな酒樽がずらり。

毎日、1升飲んでも、14年かかると言ってた。

 

 

 

2010_011600192010_01160021  平成蔵と呼ばれる蔵の中は、近代的な機械がずらり。1日3tの仕込みをするようだが、1時間で3tの洗米をするという機械も。  

 

 

2010_011600252010_01160028

酒造りに、機械化というイメージがいまいちな感じがしていたが、杜氏が言うには、「機械を使っているのはあくまで人。例えば、洗米の時間が酒の味を大きく左右する大事な作業で機械化することによって、季節や天候に左右されず均一のものを安定して造ることができる」と言っていた。

ん~。確かに。2010_01160036

まあ、手づくり感のある酒蔵はいいと思うけど、司牡丹ぐらい大きな酒蔵になると、効率化も重要だね。

 

 

そんなことより、試飲!試飲!

うんちくよりこれのための酒蔵訪問なんですから

2010_011600412010_01160039一般の酒屋では販売していない、純米吟醸などを試飲。

うめ~ 

 

 

2010_01160043ブウちゃんは、杜氏の浅野さんにいろいろ質問してました。

んんん~最初のアタックが。。。。
まろやか~ とか
言ってないな 

2010_011600532件目は、いの町にある「高知酒造」。

特に、ここでの試飲はなかったが、しっかりお土産をいただいて、「紙工芸村くらうど」で昼食&宴会。  

 

 

もう~昼間っからベロベロ。

今年も美味しい酒と宴に出会えますように 

 

 

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

初めての散歩?

先週、2回目のワクチンを済ませたこともあり、今日は、初めて散歩に挑戦です。

先週の動物病院に連れて行くだけでも玄関で「う○こ」。車に乗る時にも「う○こ」。病院でも「う○こ」。ビビリのつくねは興奮しまくって大変だった。

今回はというと、やっぱり同じ感じで「う○こ」をひりまくって大変だった。

散歩なんてとてもとても。

家のすぐそばの広場に抱えていくのが精一杯。

しかたなく、しばらく、そこで遊ばせることに。。。。

2010_011500022010_01150005家の中では、hiroにそんなにすり寄って来ないつのに、人の後ろに隠れてばかり。。

車の音や人の声、いろんな音にビビリまくっていた。 

 

2010_01150009hiroのまたに潜ったり。 

 

 

2010_01150018ブウちゃんに寄り添ったり

 

 

 

2010_011500102010_01150013 草むらの中に入っていって  

 

 

 

2010_01150014_2 出てこなくなったり。。。。 

 

 

 

2010_01150015もう!

いっぱい、シャセがついたやんか~ 

 

 

 

という感じで、初めての散歩は、「初めて広場で遊ぶ」でした。

  

この後、動物病院で申し込んでいた「パピークラス」にブウちゃんと行った。

この教室は、3回で、とりあえず1回目の今日は、犬は連れて行かずにスタッフの方と話をした。

ビビリの「つくね」について、いろいろ相談に乗ってくれた。

少しずつ、少しずつ、気長にしつけていくことが必要なことを教わった。

 

2回目、3回目はつくねを連れて行く。

他のワンちゃんたちと一緒に遊ぶんだと。。。

ふ・ふ・不安だ。。。。。。。

 

でも、日に日に大きくなって、なれていく感じがとても楽しい。

 

 

 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

つくねが来て40日

我が家につくねが来て1ヶ月が過ぎました。

2009_12100040来たばかりの頃は、鼻の周りが黒く、性格はとてもビビリでした。 

 

 

 

 

2010_010800062010_01080004  今では、体重は1.9kgで、1ヶ月前から約800g増えました。

鼻の周りは白くなってきました。

 

 

ビビリの性格は相変らずで、「おいで!」と言ってもなかなか来てくれませんが、ゲージを開けていると、朝夕のご飯前にはちょろちょろ出てきてお座りしたり、ぴょんぴょん跳ねたりします。 

「お座り」と「お手」は何とかできるようになりました。

2010_01080002「お座り」をすれば、ご飯がもらえるのでhiroとブウちゃんの食事が終わるまで、お座りをして待っています。 

 

 

 

先日、2回目のワクチンを打ちに、近所の動物病院に連れて行きました。

2010_01080009 ビビリのつくねは、いろんな音などに反応し、興奮して「う○こ」しまくりで大変でした。

この動物病院には「パピークラス」という生後2~6ヶ月の仔犬を対象にした教室があるようなので、参加してみようと考えています。

とっても可愛いんですが、このままでは、なかなか散歩にもいけそうにありません。

「社会化期」と言われるこの時期に、いろんな体験をさせて精神的に安定した犬に育って欲しいです。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

今年もイチゴが届いた!

毎年、この時期になると、静岡の友人(もと静岡県庁職員)からイチゴが届く。

輸送テストも兼ねて送ってきているようなことを言っているが、何度でも確認するで!ありがたいことだ。 

 

届いたイチゴは「あきひめ」と「紅ほっぺ」

2010_01060004 2010_01060006  2010_01060005

 

 

 

 

2010_01060007 ここ2~3年、輸送が非常に安定してきた。

昨年とは、また違ったパックを使用していた。

今回の方が、痛みが少ないように感じた。

 

ここまで、完熟のイチゴを痛みが少なく送ることができるのはすごいなあ。 

もちろん、美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

あけおめ ことよろ

おっと、なんか、つくねが新年早々書き込んでたようだが、改めて今年もよろしくお願いします。

今年は、「おせち」なるものを初めて購入しました。

2009_123100012009_12310003  1の重、2の重。

酒仙の会で一緒の愛宕の商店街にあるおかずやさん「ヨシカワ」で購入。

なかなか、美味しかったよ。 

 

2009_12310004 唯一、朝から飲むことが許されるのは正月。

しらぎくの「八反錦」純米吟醸生酒あらばしりをいただく。

いける!

今年の一本目にしてはGOOD! 

 

夕方には、オカンと(つくねも)高知競馬の逆転ファイナルレースを見ながら盛り上がる。

2009_12310011 当たらんかったけんど。。。

 

 

とにかく、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけまして、おめでとうございます

2009_12300094つくね書き込み

あけまして、おめでとう だワン。

ご主人様は、酔っ払って寝てしまったので、私が書き込みしているワン。

朝、晩の食事の時に、無理やり 「お座り」 とやらを連呼されています。しぶしぶ腰を下ろすと餌をくれるので、仕方なくしています。餌を二粒ずつしかくれないため、「お座り」と言われる前に、もう座っちゃってます。ご主人様は、それが気に入らないのか、餌を振り回して私を呼んで、立ち上がったところに「お座り」と言ってきます。もう、いいかげんにしてよねぇ。早く食べさせてよねぇ。

私もご主人様のように、寝正月しちゃいますぅ。また書き込みしまぁす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »