« 立春朝しぼり | トップページ | 歯が抜ける »

2010年2月14日 (日)

酒仙の会プレゼンツ柳家さん喬さん落語

Ca3b0086 毎年、この時期の恒例となった、柳家さん喬さんのライブin花鶴が12日の金曜日にあった。

今回で、4回目。

hiroとブウちゃんは、3回目の参加となる。

さん喬さんは、あまりメディアに出ない方なので、「誰それ」って感じだが、その世界では非常に有名。

演目は「柳田格之進」。

さん喬さんの落語は、まくらと言われる本題の前の話も含め、1時間20分ぐらいだったが、その長さを感じることなく、話に引き寄せられていった。

笑うというよりは、本当に話に集中するというか、過去2回の噺より、一番聞き入ってしまった。本当に感動した。

途中、うるうるしてしまったが、ブウちゃんにそのことを言うと、「どこで泣けたの?」「馬鹿じゃない」なんて感じにあしらわれた。

酒を飲むと、最近、泣き上戸気味かなあ。。。 

Ca3b0085_2 酒は、「しらぎく」「文佳人」「山田太鼓」「亀泉」「司牡丹」の5銘柄、蔵元の関係者も来てくれた。

この中では、文佳人の「リズール」搾りたて生が、やっぱり美味しかった。 

 

 

Ca3b0089 Ca3b0087 約70名ぐらいが楽しんだ。

そして、いつものように飲みすぎて、憶えてないhiro。

「文佳人」を4合ビンに入れ替えて、持って帰るブウちゃんだった。

 

 

 

|

« 立春朝しぼり | トップページ | 歯が抜ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80779/33379618

この記事へのトラックバック一覧です: 酒仙の会プレゼンツ柳家さん喬さん落語:

« 立春朝しぼり | トップページ | 歯が抜ける »