« 同窓会 | トップページ | 第100回酒仙の会 »

2010年10月17日 (日)

第2回貝ノ川「棚田キャンドルまつり」

去年の感動的な棚田まつりからはや1年

なかなか準備が大変なので今年、開催されるかやや不安に思っていた私にとっては、第2回をやることがわかったときは本当にうれしかった。

昨年は、地区でおでんを売るということで、当日の手伝い程度で参加したが、今回は、田舎の近所のおばちゃん2人の協力を仰ぎ、レシピから買出しまで積極的にかかわらしてもらった。

そこで、今回の売り物は天候不順による中止等への影響が少なく、なによりも下準備が大変で「もうおでんはイヤ」というおばちゃんたちの意見を尊重し、「とん汁」にすることにした。

それと、この日に販売するために家庭菜園で栽培した「黒大豆の枝豆」。

 

このまつりの心配事はなんといっても天気。

雨は当然中止になるが、雨が降らなくても、やや強めの風が吹けば危険だし、ステージを含め場所のほとんどが田んぼなので、当日までの雨の降り方によっても影響するのだ。

幸せなことに、天気予報では晴れ。

しか~し、当日、朝から実行委員長の「招集」の地区放送が流れる。

なんと、前日の夜からのやや強い風により、田んぼなどに並べたろうそくを立てるペットボトルが飛んでしまったのだ。

朝は、枝豆をちぎろうと思っていたが、そうも言ってはおれず、ペットボトルを設置しなおす手伝いに出かけた。

なんとか、目途がたったので枝豆ちぎりに帰ったが、なんともすごい数のキャンドルの多さ。

昨年は、3000本だったが、今回は、なんと4000本を越えたようだ。

あらためて貝ノ川地区のパワーに恐れ入った。

 

2010_10160001さて、16時近くになるとお客さんが見えるようになった。

とん汁と枝豆を売る「なかだに屋」もオープン。

大鍋を構えてお客さんにアピール。 

2010_1016000717時前からキャンドルに火が点火され、周りも薄暗くなってくる。

 

 

 

 

2010_10160008予想通りお客さんも多くなり、対応に大忙し。

今回ブウちゃん接客、hiroはとん汁作りに励んだ。

 

 

 

2010_10160015舞台では、太鼓や神楽などの出し物がやっていたが、当然、見る暇もなくもくもくとん汁作り。

「美味しい」というお客さんの評判に調子に乗って、アルコールも進む。「いかん~酒入れるの忘れた~豚入れるの忘れた~」と慌てて追加することしばしば。

最後は、味噌が足らなくなりやや薄味になってしまったが、なんとか250食を完売。

枝豆も用意した120パックほどを完売した。

 
いろいろ、反省することもあったが、田舎の小さな集落が昨年からやり始めたお祭りなので、来年も参加して盛り上げていきたいと思った。

だから、3回、4回と続けていってな。

 

  

イベント終了後、店をざっと片付けキャンドルを見に行く。

ところどころが消えかけているが本当にすばらしい。

2010_101600192010_10160022   

   

 

 

 

|

« 同窓会 | トップページ | 第100回酒仙の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80779/37274077

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回貝ノ川「棚田キャンドルまつり」:

« 同窓会 | トップページ | 第100回酒仙の会 »