« 10月13日は津野町貝ノ川の棚田キャンドルまつり | トップページ | 第118回酒仙の会 »

2012年10月14日 (日)

第4回津野町貝ノ川 棚田キャンドルまつり

昨日は、田舎の棚田キャンドルまつりが開催されました。

ほんと皆さんお疲れ様でしたと言いたいです。

職場の同僚などもわざわざ来てくれて、ほんとうれしかったです。 

 

17時のキャンドル点灯に向け、朝から棚田へのろうそくのセッティングやテント、ステージの設営など準備に大忙し。

   

2012_101300052012_10130007 我らチーム「なかだに屋」のメンバーも豚汁の具材を準備し、14時ごろから会場で仕込みに入る。 

 

 

今年は、CMを流したりして、今まで以上にお客さんが来るのかもしれないから、去年の倍以上作るよう実行委員長から連絡まで入る始末。 

 

用意したのは、昨年の販売した倍の400食以上。  

これでも、足りないかもしれないと思ったが、コンロの台数やスタッフの人数からこれが限界だろう。

あとは、少しでもお客さんを待たせないようにするだけだ。
約40食分が作れる鍋を2つ用意して、コンロ2台で作る。その鍋が2鍋分入る大鍋に移してお客さんに販売する。鍋が空くと次の仕込みをするこれの繰り返しだ。  

2012_1013003117時になりキャンドルの点灯が始まっても、休む暇がないくらい。

当然キャンドルなんて見れない。

ステージでは、「豆電球」らしい歌が聞こえるが、少し離れているここでは、何も見えない。

ひたすら、豚汁を売るだけだ。

 

19時前ぐらいから、仕込みが追い付かなくなり、煮えるまで待ってもらうことが3回ほど続いてしまった。

結局、19時30分で完売してしまった。

豚汁456杯。頑張りました。

来場者は4000人ぐらいではとの情報も。。。 

 

完売を喜びたい気持ちもあったが、自分としてはもう少しお客さんに提供したかったなあ。

これでも、最後の方まで結構粘って販売した方だったんだが。。。

十分なもてなしではなかったと思うが、何よりも約4500本のキャンドルの光は来た人を感動できたのではないかと思う。

 

自分は、忙しくて写真を撮る暇はなかったが、南国から来てくれた同僚にお願いして撮ってもらった写真。

2012_10130013  2012_10130014

  

 

 

 

 

 

2012_101300192012_10130024_2  

 

 

 

 

 

 

2012_10130028  

 

 

 

 

 

 

 

 

また、来年もかんばろう。

ほんと感動もんだよ。

|

« 10月13日は津野町貝ノ川の棚田キャンドルまつり | トップページ | 第118回酒仙の会 »

コメント

お~すばらしいね~~

投稿: 国分川男 | 2012年10月14日 (日) 23時33分

ありがとうございます。
ペットボトルの細工のやり方は、こんど花鶴ででも。。。
なんちゃって。
布師田の夏祭りのように少しでも長く続けられるようがんばります。

投稿: | 2012年10月16日 (火) 22時30分

ほんとえいねえ!いや実は夏祭りでやってみたかって来年20周年なので、どうか!と思いよったけんど、夏やったら暗くなるのが遅いき、やっぱり秋冬の季節の方がえいっすねえ・・・こんなすばらしい景色は、ここやないと作れんですね。

投稿: 国分川男 | 2012年10月17日 (水) 21時58分

ありがとうございます。
実際、こんな景色が地元にあったのか、というぐらい新たな感動もんです。
ほんとに、このイベントは雨が降ったらもちろんダメ、前日の雨でも会場が田んぼなんで難しい、晴れでも風が強くてもダメ、などなど、かなり開催には奇跡的なイベントなんですヨ。

投稿: hiro | 2012年10月17日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80779/47449726

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回津野町貝ノ川 棚田キャンドルまつり:

« 10月13日は津野町貝ノ川の棚田キャンドルまつり | トップページ | 第118回酒仙の会 »