2012年11月19日 (月)

第119回酒仙の会in花鶴

今年最後の酒仙の会は恒例の花鶴です。

いつもと違い、燗酒メインですが、花鶴のおいしい料理と合うんです。

2012_11190001_22012_11190002_2結構、酢がきいていたタタキも野菜がうまかった~ 

完食でした。 

 

 

2012_11190004メインの牡丹鍋も赤みその濃い汁ではなく、合わせみそのあっさり目のお汁でした。

当然、完食でした。

  

今回は、花鶴の向かいの9月に開店したばかりの店の奥さんが初めて参加していました。

なんと、滋賀県から夫婦2人で高知に来たそうです。

越前若狭寿司処 「彩花」

2012_11190006お寿司屋さんというより居酒屋さんに近い、リーズナブルな店のようです。

早速、今度いってみよっと。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

日本名門酒会友の会 晩秋旨酒呑み比べ

2012_11090002今年もホテル日航旭ロイヤルで開催された、日本名門酒会友の会に参加してきました。

春に開催される土佐の新酒まつりにはおよばないものの美味しいお酒が飲めるイベントの一つです。

今年の参加蔵元は、昨年より2つ減って亀泉(高知)、司牡丹(高知)、一ノ蔵(宮城)、なにわ(大阪)、五橋(山口)、千代の亀(愛媛)、梅錦(愛媛)の7蔵元。

ちょっと寂しかったが、ブウちゃんは「たくさんの蔵元が来てもそんなによう飲まんからちょうどいい」と言っていた。

確かにそうかも。。。

2012_11090003hiroの一押しのなにわを飲んで、 

 

 

2012_11090006 10年古酒の凍結酒「銀河鉄道」を当然のようにいただく。

 

 

 

その他の酒も美味い~

 

またまた今夜も飲み過ぎ~ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

第118回酒仙の会

  久しぶりに酒仙の会に参加。

今回は、焼き鳥にあう日本酒ということで、場所はグリーンロードにある「地鶏庵」です。

やっぱ、焼き鳥はビールやろ!と思いつつも、美丈夫の「しゅわ」の乾杯で始まり、辛口で淡麗の酒を中心に8銘柄いただきました。

2012_102000022012_10200003 もちろん、料理も美味しかったのですが、いつものように食べるのに夢中になって写真撮るの忘れてました。

 

 

2012_102000042012_10200005_22012_10200006  

 

 

  

11月9日は、晩秋旨酒呑みくらべの「日本名門酒会友の会」が旭ロイヤルであります。

秋は酒も料理も美味い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

カツオの塩タタキにあう日本酒

今回の酒仙の会は、「風待食堂」で塩タタキにあう日本酒がテーマ。

2012_07160002  

 

  

酒は、酒仙の会のメンバー7人がそれぞれチョイスしたものを、新聞紙でくるみどこの酒かわからないようにして、いざ挑戦。 

2012_071600012012_07160005   

 

 

 

久しぶりに美味いタタキをいただいた。

めちゃくちゃ美味かったが、酒7本に対しカツオのタタキは1人4キレぐらいしかなく、とてもタタキにあうかどうか判断できるカツオの量じゃなかったなあ~

でも、ほかの料理も美味く大満足。 

 

結果は、

亀泉の特別純米生酒と酔鯨の「吟麗」純米吟醸生酒が同数で1位でした。

hiroとブウちゃんは1位の酒の他に、久礼の辛口純米酒が高評価でした。

さすが、カツオの町の酒蔵! 

 

 

そして、今夜もビックエコーで完唱に挑戦。

2012_07160010   

 

 

 

そして、撃沈。。。。

トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

第115回酒仙の会in草や

今回は、祝!!新酒鑑評会金賞受賞「亀泉」「司牡丹」ということで、両酒蔵の酒を堪能。

2012_06180004  

 

 

 

2012_06180006なかでも、もちろん金賞受賞酒の司牡丹「黒金屋」大吟醸(720ml¥4900円)と亀泉「酒家長春」純米大吟醸生酒(1800ml¥8400円)は味も値段もサイコー

 

 

なかなか自分で買っては飲めんなあ~

 

あと、もちろん料理もいいね!

草やの料理は、素材を大事に旬の味を提供してくれる。

2012_061800082012_061800092012_06180010 

 

 

 

美味しい酒と料理に感動しつつ、いつものように飲み過ぎてしまうのであった。。。。。   

 

 

ちなみに、金賞を取った高知の他の酒蔵は「酔鯨」「土佐鶴」「美丈夫」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

第114回酒仙の会in思季亭

今回の場所は城西館の思季亭。

特に、酒のテーマはないとのことだが、司牡丹の新商品「吾唯足知」や亀泉の新商品「吟麓60」、「宗玄」(石川)、「浦霞」(宮城)など県外の美味しい純米生酒もあり、いつものように飲み過ぎてしまいました。

また、思季亭の美味しい料理も満足。 

個人的には、「浦霞」と「越の譽」(新潟)が美味しかったかな。 

 

2012_05210007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

第12回土佐新酒の会

今年も行ってきました。

毎年、4月のこの時期に開催される「土佐新酒の会」は、高知の18蔵元が勢ぞろいする酒好きの我々にとっては、絶対はずせないイベントだ。

会費は7000円だが各蔵の「かくし酒」やとても普段買ってまで飲めない「純米大吟醸」クラスの高価な酒が飲み放題!!

といっても、そんなに飲めないけどね。

今回は、山間米のおにぎりや久礼のカツオのタタキなどの料理も充実。

いつも長めの開会の挨拶も短く、美味しい酒と料理で満足でした。 

2012_04200006恒例の全国きき酒大会の高知県予選会への参加権をかけてのきき酒大会。

過去に全国大会参加で好成績を収めた彼女も今回は惜しくも全問正解にはならなかったようです。

今回は、難しかった。。。。

2012_042000092012_04200010 2012_04200020

  

 

 

2012_04200023 hiroがひいきにしている香美市のアリサワ酒造の奥さん。

毎年、余ったお酒をいただいております。

今年も美味しかった。ありがとう。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

113回酒仙の会in湖月

久しぶりに酒仙の会に行ってきた。

今回はお蕎麦が美味しい「湖月」。

今の酒仙の会の会長の一郎さんの店だ。

ブウちゃんは今週末にある「土佐新酒の会」もあるので、自重したようで今回はhiroのみ参加。 

2012_041600032012_04160010今回は、司牡丹の社長が久しぶりの参加で純米酒の「日土人(ひとびと)」の話をいろいろ聞かせてもらった。顧問の亀泉の社長はいつものように参加。 

司牡丹の「日土人」は、田植え、稲刈り、仕込みなど酒ができるまでの一連の工程を体験しようというもの。

だから、「日土人」にはその工程に参加した人の名前がラベルに刻まれている。 

2012_041600012011年の「日土人」(左)と2012年「日土人」(右)デザインは一緒だが、そのラベルに書かれた人数が今年は多くなっている。

竹村社長によると、2011年は約150人で2012年は200人を超えたとか。。。

 

今年も、6月に田植えから始まるようだが、ちょっと参加してみたい気分になった。 

 

2012_041600052012_041600062012_04160012 

 

 

 

「新政(純米生)」「一ノ蔵(純米生原酒)」「鬼乙女(純米生)」など、生酒メインだったが、全体的に濃くて、甘く、もうちょっと淡麗辛口系があったらうれしかったなあ。

 

そして、〆はお蕎麦。

美味い~

3杯たべちゃった!!!  

2012_04160011 

  

 

 

金曜日は「土佐新酒の会」でまた飲める。    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

高木酒造の蔵開き

赤岡にある高木酒造の蔵開きに行ってきました。

春は、花見や新酒祭り、歓送迎会と飲み会が多い。。。。 

肝臓が・・・・  

会場には、粕汁の大鍋が待っていた。 

2012_04010019

とても、美味しかった。 

 

 

ブウちゃんは、席に座るより先に、ずらっと並んだ新酒を飲むのに一生懸命だ。 

2012_04010021見よ、この新酒の数々。 

リキュールも含めて、14種類ぐらいあったと思うが、蔵開きでここまで種類があるのは初めてだった。 

 

 

2012_040100242012_04010026 蔵見学もちょっと見させてもらって、

おもいっきり満足~ 

 

 

 

2012_04010029   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

久礼 西岡酒造の蔵開き

1月は酒蔵の蔵開きの季節。

酒関係のイベントも多く、hiroとブウちゃんも忙しい。

 

2012_01220019 昨年に引き続き今年も、行ってきました西岡酒造。

 

 

 

 

なんといっても、炭を準備してくれていて、近くの大正市で買ってきた干物などを自由に焼けるのが魅力。

2012_012200032012_01220006_22012_01220005  

 

 

 

長太郎、ブリカマ、干物。。。

 

2012_01220010酒は一升瓶ンもあるんだが、hiroは蔵のタンクから、純米酒の「どくれ」あらばしりを 汲んでくる。

ちょっと、発砲しているシュワシュワ感が好きなのだ。 

 

 

2012_012200142012_01220016今年も西岡酒造、堪能してしまいました。 

 

 

 

 

2月は有光酒造の蔵開き(2/5)と日本名門酒会(2/10)とまだまだイベントが続くノダ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)