2012年5月28日 (月)

夢の森公園キャンプ場

仁淀川町(旧吾川村)下名野川 にある無料のキャンプ場に初めて行ってきた。

このキャンプ場は、佐川町から松山にぬける国道33号からちょっと入った(15分ぐらい)ところにある。

なんといってもサイト使用料は無料でとってもきれい。

お風呂は「ゆの森」がある。

 

今回は、ブウちゃんは来ず、hiroと職場の同僚の家族と一緒に行った。

もちろん、つくねも連れて行った。

今回のキャンプのテーマは「肉のクルクルBBQ」

2012_052600012012_05260003土佐赤牛のもも肉のブロック約1.5㎏を豪快にクルクルしながら焼く。

ワイルドだぜ~ 

 

2012_05260005    

 

 

 

2012_05260008同僚の子供たちは体調があまり良くなかったようで、ちょっとテンション低目だったけどつくねと遊んでくれました。いい刺激になったようだ。 

 

 

2012_052600162012_05260017 しか~し、隣のグループの子供たちはもっともっと元気で、つくねはかなりの刺激になったのではないかなあ~。 

 

 

そうしながら、夜は更けていき。。。。

肉も少なくなり。。。

2012_05260014  

 

 

 

酒も飲みまくり。。。。 

2012_05260018  

 

 

 

肉も美味しくいただきました。メチャメチャ美味かった。

土佐赤牛最高!

2012_05260019  

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

奥の湯温泉キャンプ

直島アートを堪能した後は、去年のGWも来た奥の湯のキャンプ場でゆっくりすることにしました。

つくねの大脱走のキャンプ場ですが、温泉が近くにありそんなに混まないキャンプ場なので結構気に入っています。 

 

今回、お隣さんも犬連れ。

ビーグル犬でつくねより大きめの犬でしたが、楽しく遊んでました。

名前は小次郎だと。

つくねが、ほかの犬にあいさつすることは少ないんですが、今回は、積極的に挨拶をしてました。

2012_042901312012_04290141 2012_04290139  

 

 

実は、これをきっかけに散歩中なんか、ほかの犬に挨拶ができつつあるんです!

小次郎ありがとう。 

これから、ドッグランや散歩中の挨拶、積極的にできるよね。つっく~

2012_04290149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

和歌山キャンプ 振り返り③

川湯に泊まったら、温泉以外で言えば、やっぱ世界遺産の熊野古道でしょう。

熊野古道へは、いろんな散策ルートがあるが、今回、行ったのは発心門王子から熊野大社本宮までの約7㎞のルート。

2時間ちょっとのルートらしいが、つっくとブウちゃん、hiroは結局3時間弱かけて歩きました。

このルートは基本的に下りになるので、それはそれで翌日、筋肉痛が足に来ました。実際、山歩きは上りより下りがきついっていうもんね。

2011_082000142011_082000162011_08200017_2  

 

  

 

2011_08200020 つっくも、はじめての熊野古道。

後ろ(自分たち)を振り返りながら前を歩く。

 

 

 

2011_08200024   

途中、見晴らしのいいとこからは大斎原の大鳥居がかすかに見えます。 

 

 

 

2011_082000262011_08200029 ブウちゃんは、熊野古道制覇したいって言ってたっけ。。。

ちょと無理かな。。。 

 

 

和歌山は海も山も最高やね。。

高知からはちょっと遠いけど。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

和歌山キャンプ 振り返り②

今回、キャンプ場として選択したのは、川湯温泉のすぐそばの川湯野営場木魂の里。

2011_08200008 写真はオートサイト。

他に芝生のキャンプサイトもある。

泊まったのがお盆過ぎの木、金曜日でいくら夏休みといってもキャンパーは少なめだった。

帰るときに聞いたんだがお盆やGWは、ぎゅうぎゅうだったとのこと。川湯温泉のすぐそばのキャンプ場で、川遊びもできて、人気の高いキャンプ場なんだろう。

川湯温泉は仙人風呂で有名。

水量が少なくなる冬は川をせき止め、川全体が温泉になるというすごいところ。

当然、シーズンオフ?の夏でも河原を掘れば、あるいは、掘らなくても温泉が湧いている場所があるんだ。

だから、河原にはあちこち掘った跡があるので、そこで十分温泉気分が楽しめるのだ。

2011_082000102011_082000092011_08200004 

 

 

  

人はそんなに多くなかった。

ほんと、土日じゃなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

和歌山キャンプ 振り返り①

今回のキャンプは、高速道路の平日深夜割引を利用するために吉備SAでの車中泊1泊と和歌山の川湯温泉にある川湯野営場木魂の里で2泊、和歌山市内のビジネスホテルに1泊の行程だった。

吉備SAでは車中泊となったが、前回の初車中泊の反省を踏まえ、出発前に寝床スペースをある程度確保し、エアーマットも膨らましておく、荷物の異動は最小限にすることで、非常に短時間で就寝のセッティングを完成することができた。

スノコとイレクターパイプで車中泊仕様と通常時の仕様が簡単に変えられるように工夫したのだが写真がないのが残念だ。

ブウちゃんのリアクションもうすかったのも残念だが、個人的にはひとまず満足している。

 

しかし、車中泊に吉備SAの選択はマズった。

早くビールを飲みたかったんで、いや、寝たかったんで、ある程度は仕方なかったが、お盆のUターンラッシュなのか、水曜日の夜でも車が多く、そして、アイドリングのままの車も多く、とにかくうるさかった。

そして、暑かった。

車中泊用の網戸を買っていたのだが、ちょっと恥ずかしかったのとセキュリティ的にどうかなと思い、使用せずに窓を少しすかす程度で寝ることに。

やっぱり、暑かった。SAやPAで車中泊する場合は、混んでないところを探すのが最大のポイントだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

和歌山ミニ同窓会

和歌山キャンプの最終日は、大学時代の同級生2人と和歌山市内でミニ同窓会となりました。 

居酒屋で飲んで、カラオケ行って。。。

ラーメンで締めて。。

 

ブウちゃんの心配通り飲み過ぎてしまいました。 

2011_082000442011_082000432011_08200046  

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

和歌山へ車中泊キャンプ

明日から夏休みをいただき、和歌山へ車中泊キャンプに行ってきます。

高速道路の深夜割引を利用すべく、今から出発です。

今晩は、吉備か三木のSAで車中泊の予定。

ブウちゃんが仕事で遅くなり、今、風呂に行った。さてさて何時に出発できるのやら。。。。 

 

前回の津和野方面への反省を十分踏まえ、車の荷物をあまり動かさず、SAに到着すればビールを飲んですぐに寝れるよう工夫したつもりだ。

寝る前に汗だくになって寝る準備をするのはもうヤダ。

 

つくねは、何かいつもと違う気配を察したのかサークルから出てこようともしない。

 

 

2011_08130059 最近よく腕を組むポーズをするようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

車中泊④ 津和野

  津和野が山口県だと思ってたhiro。

ぎりぎり、島根県だった。島根県の人ごめんなさい。

今回のキャンプで根本的な目的地は津和野だった。

ブウちゃんの仕事上の付き合いで、津和野のおくがの村というとこで集落営農に取り組んでいる人がいる。高知に講演に来てくれたり、いろいろとアドバイスをいただいている方のとこに、「今度遊びにおいて」という社交辞令をいつものように真に受けて、お邪魔することにしたのだ。

津和野に入ると、ブウちゃんが、この3連休SLが走るらしいよ。と言うので時間を観光協会に聞きに行こうかと思いながら、駅でも情報が入るだろうと思い、とりあえず津和野駅に車を止め構内に入っていくとなんと、すぐにLSが着くとのこと。スゲータイミング。

2011_071800422011_071800432011_07180045 2011_07180046        

 

 

  

 

 

煙を吐きながら進んでくる。

入場券を買って構内に入るとあまり見物人もおらずラッキーだった。

感動。 

高知の四万十川にもぜひ走らせてほしいなあ。

2011_071800512011_071800542011_07180056  

 

  

 

 

津和野といえば、神社と鯉。

赤い鳥居が続く「太鼓谷稲成神社」は有名で、hiroも、内田康夫の「津和野殺人事件」の舞台にもなっていて、一度行ってみたいなあと思っていた。 

2011_07180061  2011_07180065

2011_07180060

 

 

 

 

しかし、この日の津和野はとても暑く、35度近くになっていたと思う。

とても、ゆっくり散策する気分にはなれなかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

はじめての車中泊③

  車中泊といっても基本的にはキャンプと変わりない。

炭をおこして、七輪やダッチオーブンでアウトドア料理を楽しむ。単に寝るのが車の中というだけ。。。

今回、2泊したキャンプ場を紹介しておこう。  

2011_07180028

2011_07180030  

 

 

 

広島県の吉和インター近くの立野キャンプ場。

林間キャンプで、近くに小川が流れていて、渓流釣りが楽しめそう。オートキャンプが可能で、使用料はなんと無料。

到着したのは、3連休の前日の金曜日ということもあり、だれもいない。よって、炊事棟を占拠してくつろぐ。

朝、起きてみると渓流釣り&キャンプなのかテントやタープが4張り増えていた。

2011_071800342011_071800352011_07180036  

 

 

 

こんな無料のキャンプ場が人気ないわけないなあ。といってもまだまだ、サイトには余裕があったが。。。

2011_071800372011_07180038_2  

 

 

 

 

 

次のキャンプ場は、同じく広島の三次市にある吉舎いこいの森キャンプ場で、これまた林間キャンプ場。

オートサイトがあって、1000円。

3連休のど真ん中だったが、誰もいない。ちょっと施設が古いためなのか。。しかし、我々にとってはラッキーで、トイレと炊事場の近くのサイトを陣取る。

2011_071800792011_07180080  

 

 

 

車や人はほとんど通らず、夜は蝉の声しかしなかった。(これがめちゃくちゃうるさかったのだが)とても、静かなところでとっても満足だった。 

 

2011_07180085_22011_07180084 2011_07180082 

 

 

 

 

翌朝は少し雨がぱらつく天候だったが、テントを設営してないのであわてることなく帰り支度ができたのもよかった。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

はじめての車中泊②

SAやPAで車中泊する場合、今の状況では課題も多く、寝る準備をする作業がちょっと恥ずかしいことは前回書いた。

2011_07180002_22011_07180001   

 

 

 

エクストレイルの後部座席で、177㎝のhiroが足を伸ばして寝るためには、運転席と助手席をめいいっぱい前に寄せて、後部座席に積んでいる一部の荷物をその前席に移すなどして就寝スペースを確保するのだ。

キャンプ場なら、外に置いておくということもできるし、そうすることが簡単だが、SAや雨の日にはなかなか難しい。

写真にあるエアマットも寝る前に袋から出してふくらますというより、ある程度、最初から設置しておいたほうがいいし、最低でも必要最小限の荷物の移動で寝れるようにしなきゃね。

そのためには、荷物を最小限にすることと、寝た場合の足元にもう少し、常時荷物を置けるようにするしかないかな。

 

しかし、今回、SAで必死にエアマットに手動ポンプで空気を入れてたが、10分以上やっても変化がなく、汗だくで空気を入れてたとき、反対側の空気穴を閉じてなかったことに気づいた時は

ビックリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)